正しい歯の磨き方。守っていませんが虫歯はありません・・・

ネットで何の気なしにニュース記事を見ていたら、「正しい歯の磨き方」なる記事を見つけました。
曰く、歯ブラシは一週間ごとに取り換えるのがベスト、人差し指と親指で歯ブラシを持つのが良い、歯ブラシを歯周ポケットに対し斜め45度の角度で動かすべし・・・あれやこれやと、正しい歯磨きについてのご指南が列挙してありました。
・・・が、正直「細かいなあ」という感想しかわきません。
自慢ではありませんが、私はこの記事に書かれていることを何一つとして実行していませんが、ここ何年も虫歯ができたことはありません。
歯ブラシを買える頻度も適当(一カ月おきくらい?)、角度など考えたこともなし、握り方に至っては今思い出そうとしても全く自分でもよくわかりません。
それでも、適当ながらにきちんと磨けていれば虫歯などはできないものです。
主人にいたっては歯磨き粉も使わず、歯ブラシでシャシャッと適当に歯磨き(というよりただ乱暴にこすっているだけに見えるのですが)をしています。
全く磨けていないじゃないかとご指摘を受けそうですが、実はこれで生まれてこの方、虫歯になったことがないのだとか。
虫歯になるかならないか・・・それは歯磨きの仕方もある程度関係あるのかもしれませんが、結局のところ、運や体質の問題だと思っています。
とはいえ、この記事に書かれたことは全て歯医者さんによるものであるらしく、もちろんきちんと根拠があってのことですから、私もせめてできそうなものから始めてみようかな・・・と思ったのでした。