11月23日のアメリカ株式市場は、原油安や鴻海精密工業リストラ計画によるアップル下落でNYダウ大幅安

 感謝祭(サンクスギビング・デー)の休日明けとなる11月23日金曜日のアメリカ株式市場は、NYダウが前営業日比178ドル74セント安の2万4285ドル95セント、NYSE総合は前営業日比87.10ポイント安の1万2036.24ポイント、S&P500が前営業日比17.37ポイント安の2632.56ポイント、NASDAQ総合は前営業日比33.267ポイント安の6938.984ポイントで終わりました。

 23日は米東部時間午後1時までの短縮取引であったこともあり、休暇中の投資家も多く売買は低調で値幅が大きくなりやすい相場環境の中、ダウ平均は4日続落かつ2011年以来の下落率となりました。

 世界経済後退懸念による供給過剰感が強まっていることもあり、WTI原油先物がこのところ下落が続いて、23日は前営業日比4ドル21セント安の50ドル42セントで終えており、石油株を中心としたエネルギー株にはネガティブな環境となっています。長期金利も下落していることから金融株も売られ、NASDAQの主力株の一部がさえない展開となりました。一方で、年末商戦への期待から小売株が上昇しています。

 NYSE市場では、シェブロンとエクソン・モービルがNYダウの下落率1位と2位に入り、S&P500でもエネルギー株のコンチョ・リソーシズとデボン・エナジーが値下がり率上位に入りました。ボーイングやGE、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカも売られる一方で、アメリカン航空グループやウォルマート・ストアズやジョンソン&ジョンソン、コカコーラなども上げました。ユナイテッド・テクノロジーズ、ファイザー、リージョンズ・ファイナンシャルが買われました。

 NASDAQ市場では、ハイテク主力株が低調で、アップルがiPhone「XR」の日本での値下げやiPhone受託生産の鴻海(ホンハイ)精密工業の大規模なリストラ計画の報道により、iPhone「XR」の需要低迷と収益悪化が連想されたアップルが4日続落して、前営業日比2.54%安の172ドル29セントで終えたほか、フェイスブック、マイクロソフトが売られ、年末商戦期の見通しが弱気のアマゾン・ドットコムやネットフリックス、アルファベット(グーグル親会社)も軟調に推移しました。

 一方で、アドバンスド・マイクロ・デバイシズやマイクロン・テクノロジーの半導体関連が持ち高調整の買戻しが入って反発しました。キレイモ キャンセル

物語のモンスタークォーンとの戦いについての話などをします

クォーンなどは、ちなみに、ボスキャラです。巨体のモンスターで、基本的に、大振りを主として、攻撃してきます。たまに、連続攻撃があることも、しばしばとあります。特に、武器などは、使用しないタイプの、モンスターで、素手で殴り飛ばすのを、主とは、しているのですが、ガードをきちんとする事で、ぶっ飛ばなくて済みます。その時の、威力などに、よっては後ろの方に、押されながらなども、あります。一歩一歩後ずさりではなく、全身が、同時に、後ろに水平に、滑り込むような感じなどもあります。仲間のアセスファルドが、このモンスターにやられ、その敵討ちとして、主人公が、怒りを込めて戦います。おれがやられそうになっても助けなくていい、こいつは、どうにかして、おれが、倒さなねば気が済まない、もちろんリーダーとしてのプライドもある。アセスファルドは、心を許すことが、出来た1番のおれの友達だと、自分の心が、何かに、負けてしまいそうで、不味いときも、こいつが生きている事を、思い浮かべただけで、おれは、心を強く持つことが出来ただから、感謝しているというのです。